表示義務

ドッグフード5つの表示義務

愛犬だって安全で美味しいドッグフードをきっと求めているはずです。
そこで飼い主が出来るのは、安全性の高い美味しいドッグフードを探すことです。
一見簡単なようですが、ペットのための食材は怪しいものが多いのが現実です。
ドッグフードに関してショッキングな出来事もありました。
話題になったメラミンや牛骨粉などが含まれていた事件も記憶に新しいのでしょう。

そこで、時に初めて愛犬を飼育されている方には、「成分表」の見方をマスターしてほしいところです。
ドッグフードの成分表を読み解くと、どんな製造がなされているかある程度わかります。
成分表には義務付けられている表示が5つあります。
犬に必要な粗タンパク質、粗脂肪、そして粗杯分、粗繊維、水分の5項目です。

この5つが明示されていないもの、曖昧なものは炭水化物で構成されているでしょう。
すると必要な粗タンパク質や粗脂肪が不足します。
この2点が主成分として構成されているものが適正なドッグフードです。
また、粗脂肪はまだ小さい幼犬や妊娠・授乳を行う犬にはいつも以上に必要な成分です。
幼犬用など、専門のフードを購入すべきでしょう。
また逆に老犬の場合は粗脂肪が負担になってくるので、やや少ないものを選ぶべきです。